不眠症で睡眠薬を服用



現代日本人が悩まされている病気の一つとして不眠症と言うものがあります。 睡眠薬を飲まないと十分に眠る事ができない方や、深い睡眠がとれずに頻繁にすぐに目覚めてしまう方が増加しています。 こうなってしまう事によって疲れが取れなかったり、うつ病になってしまったりまた健康的にも病気になりやすい体になってしまうと言われています。 主な原因としてはストレスや精神的なもの等の他にも関節リウマチの痛みやアレルギー疾患のかゆみなどもあります。 また環境の変化や季節などによる温度の上下の変化に対応できない方も結構いるようです。 濃いコーヒーや緑茶が好きでカフェインの摂取量が食後に多い方やお酒のアルコール、長年の重度の喫煙などの要因も深く関係しています。 それ以外にもストレスや将来への不安、気持ちの高揚などもあります。
睡眠時間は人それぞれ


三食バランスよくとることが不眠症の解決法



連続して寝れない場合の解決方法はどのようにするのが一番いいのでしょうか。 まずは外来でも専門の病院があるので、信頼できる近所のベテランの医者に有料で相談する事から始めましょう。 症状の原因が心理的なものか、身体的なものか分からない場合があるので、両方を備えている専門の医師が多い総合病院から始めるのがベストです。 「そこまでしなくても大丈夫」「熟練した年配の医師による市販の薬を指示通り区切って朝晩飲めばいい」と楽観視し安直に考えている方もいるかもしれませんが、安易に考えるのは辞めましょう。 素人の自分でできる不眠症対策として挙げられる事は規則的な生活を徐々に取り戻していく事です。 やはり食事や適度な30分以上の毎日のマラソンの有酸素運動ができていない事が多いのです。 三食きっちりとバランス良く白い米のご飯を食べ、均等な時間の間隔をあけて洋室のトイレで排便をし適度に運動をする事ができることによってより眠りやすい環境を作る事ができます。 また仕事や人間関係の問題などで、あまり深く長く考え込まないことも大切です。

TOP
睡眠