睡眠は休息



就寝とはすなわち、休息を意味します。睡眠をとることによって、脳を休ませます。 私たちは、体を休息させると同時に、脳も休息させないといけません。 そのため、夜になると柔らかいベッドに入り、眠りにつくのです。  体を休ませることと、脳を休ませることとはつながりがあります。 お互いが連動していて、体がゆったりとしていれば、忙しい脳もそれほど疲れないし、ゆっくりと脳を休ませれば、連動して体も元気になってきます。 人間は眠っている間に、全身の硬くなった筋肉を自浄しリラックスさせています。 また、頭の中の記憶を固定させたりします。 「ふて寝」という造語の言葉がありますが、これは本当に、脳と体のメカニズムを理解した真っ当な大人の行動です。 悲しいこと、嫌なことに不意に直面した時に、「もういいや、寝てしまえ!」とふて寝してしまうとします。 すると、司令塔である脳を休めることができて、気分がすっきりするし、物事を良い方向に進めやすくなります。

睡眠に安全なデパスとマイスリー


不眠症

睡眠と現実の問題



「ふて寝」というと世間では聞こえが悪く、なんだか辛いことから人生に負けて現実逃避しているみたいですが、逆なのです。 次の勇気ある一歩を踏み出すために、早めに温かい弾力有る高級ベッドで寝るのが良いのです。 大事な重たい脳には著名な科学者でも理解できなく解明されていない闇の深い部分が多くあります。その多くは辿り着けない未知の謎に包まれています。 暗くなってからの夜の深い睡眠には、私たちが知っている以上の効能がある可能性が高いのです。 だから、深夜の布団で寝る長い時間を上手に利用しましょう。長時間休む間もなく忙しい疲れる社会生活を送っている日本の現代人は、外見は楽して怠けているようで睡眠をおろそかにしがちです。 ろくに眠りもしないで、辛い長時間の仕事で体を酷使してばかりいても、良いことはありません。 体も心も徐々に疲れてきてしまいます。もっと快適な眠りを大切にしましょう。

TOP
睡眠時間は人それぞれ